遺言書作成時の財産調査

遺言書を作る際に、意外と見落としてしまうのが財産調査です。

遺言を残された方が亡くなり、いざ遺言書を検認してみた時に、財産についての記載がなかったり、一部の財産についての記載が抜けていた、と言った場合は、相続人で協議する事になります。記載が無い財産については、法定相続割合分で分割をする場合が多いですが、これでは遺言をせっかく残した遺言者の意思がわからないままになります。

上記をふまえ、遺言書を作成する際に注意すべき点を下記で確認しましょう。

 

遺言作成時に注意すべき点と財産調査

  • 生命保険金の受取人の確認

 →受取人が誰になるかによって相続税の対象となる可能性があります。

 →相続財産、みなし相続財産の確認が必要になります。

  • 不動産の評価

 →価値がある土地なのか、収益物件となるのか。

 →売却が可能か、また売却しやすい対策がなされているか

 →抵当権、定期借地権などの権利の関係する土地でないか

 →農地、生産緑地等の相続したのちに扱いづらい土地ではないか。

  • 財産の種類と総額の確認

 →全金融機関の残高が把握できているか

 →株式の評価額

 →財産の総額

  • 税金対策について

 →相続税の対策と、その納税資金の対策が出来ているか

 →生前に不動産を売却しやすいようにしておく

 →固定資産税をふまえた分割割合となっているか

 

遺言書を作成する際の財産調査は、ご自身の遺言を実現する為に非常に重要です。遺言にはたくさんの役割があります。しっかりと事前調査をし、より効果的な活用が出来るようn準備していく事をお勧め致します。

遺言書作成をご検討の方は、まずお気軽にお問合せ下さい。

 

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします