生前対策

seizen.png
実際に相続が発生するのはご自身が亡くなった後になりますが、その前にも心配になることはたくさんあるかと思います。

ご高齢になり、病気になったり、介護が必要になったり、認知症になったり・・・。いざという時に誰に面倒を看てもらったらいいのか、自分の資産は誰が管理したらいいのか、など。
ここでは、生前に行う心配事への対策として、生前対策についてご紹介いたします。

seizenf0801.PNG

 

ご自身ではまだまだ元気と思っていても、親族や近所の方の様子を見て、自分もいつ体が思うように動かなくなる日が来るかと不安を感じていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

そのもしもの場合に法的な準備をしていくことができますので、一緒に確認していきましょう。

身体が動かなくなったり自由にいかないと財産の管理も思うようにできなくなってしまいます。身近なご家族・ご親族でサポートしてくれる状態であれば問題は無いのですが、そういかない場合には法律の力を借りてご自身の財産を管理していくことが可能です。認知症で判断能力がなくなった方が親族に預金を使い込まれてしまう等のトラブルや詐欺に遭ってしまうなど様々な問題が起こっています。

このような心配事への対策として、法的に財産管理契約を結び、適切に管理してもらうことが有効となります。

遺言書を書くまでではないが、自分の死後に配偶者の方がしっかりと暮らしていけるようにするために対策をとっておきたい、葬儀や供養の手配や年金の手続きなどご自身の死後に配偶者の方が困らないように手続きを代行してくれる信頼できる専門家に依頼することで対策を取ることが出来ます。この際には死後事務委任契約という契約によって対応が可能となります。

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは相続の開始前に、ご自身の健康状態万が一の場合に備え、事前の準備をしておいた方が良いのではないかと思われる方に生前での対策をご案内いたしております。 

 

財産管理契約とは

入院の際に、誰にお金を管理してもらったら良いのか、入院費用の支払いを誰にお願いしたらよいのか、公共料金の支払いを誰にお願いしたら良いのか・・・ こうした金銭に関わる現実的な問題に直面される方もいらっしゃることでしょう。

このような金銭、財産に関する管理については、財産管理契約のご利用が可能です。

ご自身が認知症になってしまったり、病院に通院する毎日となってしまうと、親族や特定の相続人による財産の使い込み等が、遺産相続で問題となってしまうケースもあります。
親族同士(推定相続人)であっても、特定の人に財産を任せておくより公平中立な専門家の立場の人に管理を依頼したい場合などは財産管理契約と任意後見契約を活用して、しっかりと財産を管理させていただくことが可能です。
鹿児島みらいず相続遺言相談センターではそういった相続の前に必要となる生前の対策についてもご相談に対応しております。詳しくは、お気軽に無料相談をご利用ください。

 

 

生前対策について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒892-0827 鹿児島市中町10-2
    加治屋ビル2階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします