自筆証書遺言の書き方

ここでは、自筆証書遺言の書き方について説明いたします。遺言は、内容に不備があったり、作成方法を間違えてしまうと、法的に効力を持たない遺言書になってしまいます。

自筆証書遺言は、特に専門家による内容の確認があるわけではありませんし、遺言者が単独で、気軽に作成することのできる遺言書です。故に、遺言の内容に不備があり、結果効力のない遺言書になってしまう恐れがあります。自筆証書遺言を作成する場合には書き方についてしっかりとご確認ください。

自筆証書遺言の書き方

  • 全文を自筆で書く(ワープロやパソコン、代筆による作成は認められません)
  • 筆記具はボールペン、万年筆など何を使用しても構いませんが鉛筆等、すぐに消せるものは避ける
  • 縦書き、横書きは自由
  • 用紙の指定は特になし
  • 日付、氏名も自筆で記入する
  • 捺印は認印や拇印でも構いませんが実印が好ましい
  • 署名をする
  • 加除訂正する場合は、訂正個所を明確にし、その個所に捺印の上、署名する

上記の事を守って、自筆証書遺言を作成しましょう。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします