がけ地を有する宅地

がけ地を有する宅地についての評価は、その宅地のうちに存在するがけ地等で通常の用途で使用ができない部分が、がけ地でないとした場合の価額に、がけ地補正率を乗じて計算した価額により評価していきます。

がけ地補正率」は、がけ地の地積/総地積の割合及び、がけ地の斜面の向きによって選定されるものとなります。

 

がけ地補正率と宅地造成費の違いは?

がけ地補正率は、宅地の一部にがけ地等の通常の用途に供する事の出来ないと認められる部分がある際、相応の価額となるよう減価がされます。しかしながら日照の確保や採光、風通し、眺望、及び隣棟の保持等による平坦地部分への効用が加味されたものです。

一方の宅地造成費は、通常の宅地と比較して減価を考慮するものとなっており、がけ地補正率のような日照の確保等の平坦地部分への効用を考慮したものではありません。

 

相続財産の評価・調査について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします