相続放棄とは

相続放棄は、相続財産の一切を放棄する(相続しない)という相続方法です。
一般的に、2つの相続放棄があります。

一つ目は、遺産分割協議による相続放棄です。 例えば、被相続人である父の遺産を、母がすべて取得するために子供たちが遺産分割協議書でその旨を記載し、事実上相続を放棄するといったケースです。

二つ目は、相続方法による相続放棄です。
決められた期限内に家庭裁判所への申述が必要です。相続財産の中で借金などが多く、これらを相続することを放棄するために行います。相続放棄すると、借金などの負債だけでなく、預貯金や不動産などの一切の財産を放棄することになります。
このサイトで扱う相続放棄という言葉は、主にこの相続放棄を指しています。

 

プラスの財産と、マイナスの財産

相続財産と呼ぶものには、現金、有価証券、不動産、動産などのプラスになる財産と、借金、ローン、損害賠償責任など、マイナスになる財産があります。
財産調査の結果、相続財産の中でマイナスとなる財産が圧倒的に多い場合、相続放棄を検討することになります。

 

相続放棄の期限

相続放棄できる期限は、相続が開始されたことを知った日(被相続人が亡くなったことを知った日)から、3か月です。3か月以内に家庭裁判所へ申述しなければなりません

人が亡くなるとやらなければならないこと、調べなければならないことが多く、あっという間に時間が過ぎてしまいます。ですから、相続が始まったらなるべく早めに財産調査を行うことが大切です。

 

相続放棄について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします