相続関係説明図とは

戸籍収集による相続人調査が完了したら、相続関係説明図の作成をします。収集した戸籍謄本をもとに相続人の関係を図にして分かりやすく書き記します。

相続関係説明図の作成について

相続関係説明図は用紙の大小、縦・横書きなど書式に指定はなく、手書きかパソコンで作成するかの指定もありません。ただし、すぐ消えてしまう鉛筆などで書くのはお勧めできません。

相続関係説明図作成に必要な書類

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍・原戸籍謄本を含む)
  • 被相続人の最後の住所を証明する書類(住民除票あるいは戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本(死亡日以降の日付のもの)

上記の収集した書類の内容をしっかりと確認し、相続人を確定します。戸籍は被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍を全て確認する必要があります。被相続人の方が戦前や戦後まもない頃に出生した方の場合、戸籍法が改正されていることから、複数枚の戸籍が必要になる場合があります。昔の戸籍は現代の人が解読するのも難しいものもあります。戸籍収集や解読がご自身では困難な場合には、ご相談ください。

相続関係説明図の記載事項(例)

  • タイトル:「被相続人 山田 太郎 相続関係図」など
  • 被相続人の本籍地等:一般的には、被相続人の「最後の本籍」「最後の住所」「登記簿上の住所」を記載
  • 続柄:「被相続人」「相続人」「妻」「夫」「長男」「次男」など
  • 相続の選択:「相続」「放棄」など
  • 関係者の情報:生年月日、住所など

 

相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします