特別代理人選任申立

未成年者は相続における法律行為を行うことができませんので、相続人に未成年者がいる場合には特別代理人選任申立をしなければなりません。

未成年者の代理人には、基本的に親権者がなることが多いですが、場合によっては親権者でと未成年者が同時に相続人になりえることもあります。
もしも、このケースで親権者が未成年者の代理人になってしまうと利益相反が生じます。

相続人同士である親と子の間に利害が対立してしまうため、親と子が同時に相続人となる場合は、親は子の代理人になることができません。

親子関係があったとしても、相続する権利はそれぞれに与えられているため、公平な手続きができるように第三者となる特別代理人を子に立てることで相続手続きをすすめることができます。

特別代理人の選任は家庭裁判所に申し立てることによって始まります。
未成年者がいるからといって、勝手に特別代理人が選任されるわけではありませんので注意が必要です。
また特別代理人の選任には時間を要します。早めのお手続きをオススメいたします。

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは未成年者がいる相続手続き全般や家庭裁判所への申し立てをフルサポートいたします。鹿児島市を中心に地域のお客様のお役に立つため、初回の無料相談から親身にサポートいたします。

相続人に未成年者がいる相続手続きなら鹿児島みらいず相続遺言相談センターにお任せください。

 

 

家庭裁判所(家裁)での相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします