不動産や証券がある場合の限定承認

不動産や有価証券がある限定承認の注意

限定承認は、被相続人に債務があったときに、プラスとなる相続財産の範囲内で債務を弁済できるので、相続人にとって民法上ではとても便利な制度です。

ですが、相続財産の中に不動産や有価証券がある場合、税務上注意すべき点があります。

限定承認は、「被相続人の財産を時価で譲渡する」とみなされるため、みなし譲渡所得税が課税されるケースがあります。みなし譲渡所得税が発生するのは、被相続人に対してです。

不動産や有価証券を時価で売却したとき、その財産の購入費などを差し引いた所得に対して税金がかかります。そのため、購入時よりも値が上がっている土地などがある場合にみなし譲渡所得税が発生します。

みなし譲渡所得税が発生したら、相続人が準確定申告をして、被相続人の所得税申告、納付をする必要があります。

被相続人の所得税は債務として扱われます。相続人の債務ですから、限定承認でプラスの財産の範囲を超えてしまった分は支払う義務はありません。そのため、被相続人の債務が多く、プラスの財産を超えてしまうような場合には、デメリットはありません。

しかし、債務の弁済を終えて残余財産がある場合は、所得税の分だけ損になります。

 

このようなこともあるため、限定承認は初めから税理士と手続きの進め方を確認することが大切になります。

限定承認について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒892-0827 鹿児島市中町10-2
    加治屋ビル2階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします