遺産分割協議書の作成にあたって

 

遺産分割協議

遺産分割協議書を作成するための前段階として、まず初めに、遺産分割協議を行う必要があります。

遺産分割協議は、法定相続人全員で行う必要があるため、協議を行う時点で相続人の確定が行われていなければなりません。また、被相続人に関する財産の調査を行い、相続財産についても確定している必要があります。

遺産分割協議書の作成までの流れをまとめると

①相続人の確定

②財産調査

③遺産分割協議の開始

④遺産分割協議書の作成

となります。

 

相続の開始によって、被相続人の財産は一時的に、法定相続人同士で共有されている状態になるため、それらの財産を分けるための協議が必要となります。この協議が遺産分割協議と呼ばれるものです。また、協議がまとまり、その内容を書面に書き起こしたものが、遺産分割協議書と呼ばれます。

遺産分割が終わると、一時的に共有されていた被相続人の財産は、各相続人の財産となり、相続が完了することになります。

 

※相続人全員の合意のうえで作成された遺産分割協議書は原則的に、撤回する事ができませんが、相続人全員の合意があれば書き換えることも可能です。

 

遺産分割協議書の書き方と注意点

遺産分割協議書を作成するにあたって、注意点があります。

 

  • 法定相続人全員が合意の上で、遺産分割協議を行う

全員の合意がない場合、遺産分割協議書は効力を持たず、無効とされます。

②戸籍を収集し、相続人の調査・確定を行いましょう。

※協議については、必ずしも全員が集まって行う必要はありません。遺産分割協議書(案)を作成し、相続人それぞれに郵送等で送付、確認を受け、内容に問題がなければ実印を押してもらうという方法もあります。遠方に住む相続人がいる場合に有効です

 

  • 遺産分割協議書への署名・捺印

①厳密には署名でなく、記名でも問題はありませんが、署名の方が好ましいと言えます。

捺印は実印で行いましょう。

 

  • 遺産分割協議書に記載する事項の名称

①不動産情報を記載する場合、住所ではなく登記簿上の正確な表記に統一すること。また、省略等をしないこと。

②金融資産について記載する場合には、金融機関名・支店名・口座番号まで記載すること。

 

  • 遺産分割協議書が複数枚にわたる場合

①法定相続人全員の実印で割り印をすること。

 

  • 印鑑証明書の添付

実印の押印と印鑑証明書を添付しましょう。

 

以上が、遺産分割協議書を書く上での基本的なポイントとなります。

 

遺産分割協議書とはについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒892-0827 鹿児島市中町10-2
    加治屋ビル2階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします