遺留分減殺請求とは

被相続人が遺言を残した場合、多くはその遺言の通りに遺産分割が行われます。しかし、遺産をほとんど受け取れなかったら、その後の生活に困ってしまう相続人もいます。 例えば、被相続人の稼ぎで生活していた家族などです。 そういった相続人のために、最低限の遺産の相続権を保護するのが遺留分の目的です。

 

保証されている相続割合

相続人が配偶者または子供(若しくは両方)がいる場合、相続財産全体の2分の1が遺留分となります。
相続人が両親や祖父母のみの場合、相続財産全体の3分の1が遺留分となります。
相続人が兄弟姉妹のみの場合、遺留分はありません。

 

遺留分減殺請求

遺留分を侵害されている相続人が、他の相続人や受遺者に遺留分の請求を行うことを遺留分減殺請求といいます。
遺留分はただ待っているだけでは効力を発揮しません。減殺請求をすることで、初めて効力が生じます。

また、請求の方法に決まりはありません。相手に意思表示をするだけでよいとされていますので、請求するだけなら裁判所を通す必要もありません。 その際、遺言執行者がいる場合は、遺言執行者にも遺留分減殺請求の旨を知らせなければなりません。

意思表示をするだけでよいとはいえ、その証拠を残しておかないとのちのちトラブルに発展してしまう原因になりかねません。そこで、内容証明郵便などで形に残すことが一般的です。

 

 

遺留分について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

鹿児島みらいず相続遺言相談センターでは、天文館を中心に遺産相続や遺言書に関する無料相談を実施しております。司法書士と行政書士が連携して、地域密着型で運営しておりますので、一通りのお困りごとには対応できるかと思います。

天文館を中心に、市内は元より鹿児島県内全域のお客様のお役に立てるよう、親身に対応させていただきます。また専門用語を出来るだけ使わないように、分かりやすくお伝えしますのでお気軽にご相談ください。お役に立つべく丁寧に対応させていただきます。

●当センターを運営する、司法書士・行政書士みらいずグループ へのアクセス
鹿児島 相続・遺言書… 鹿児島市中町10-2 加治屋ビル2階 …山形屋2号館入口わき

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒892-0827 鹿児島市中町10-2
    加治屋ビル2階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします